読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

控えめソニックブーム。

文芸同人サークル「明日から休講です。」メンバー、すみやきのワナビ的チラ裏。日本で唯一の社会人同人ワナビ専門学校生(夜間)ラジオマンとして活動中! Twitterアカウント @sumiyaki09032 もフォローよろしく!

押切蓮介『ミスミソウ』、大今良時『聲の形』を読み終える。

ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)

ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)

聲の形(1)

聲の形(1)

この二つの作品をほぼ同時に読み終えるというのが、すごく運命的なものを感じる。

『いじめ』『仲間はずれ』は、はっきり言って狂気以外の何ものでもないんだなーと。

狂気であるが故にここまでの作品が出てくるわけで。

しかも、『いじめ』『仲間はずれ』はハズレのないあるあるネタなんだと。だから書き手としては、むやみやたらに使うと危険よね。

特に『ミスミソウ』のどうころんでも報われない狂気でぎっしり詰まったところがすごく好き! 大好き!

誰しもが狂気じみた部分っていうの持ってて、それが多いか少ないか、オープンにするか、クローズにするか、ただそれだけの違いだと思う。それが『いじめ』『仲間はずれ』のあるある感をさらに増しているのかもしれない。

でも、その狂気をオープンに作品に出し切るといろいろと問題になっちゃうわけで。

難しいね。